スポンサーリンク

皆さん個人年金保険には入っていますか?

今の若い世代が定年を迎えた時、年金がほとんど貰えらないのではないか?という声が良く聞こえてきます。

なので老後の生活を考え、個人年金に加入している方は多いかと思います。

実際私も妻も加入しています。

しかし住宅ローンを組むにあたってファイナンシャルプランナーに相談したところ、年金保険に加入していると損をする可能性があることがわかりました。

 

損をするとはどういうことなのか?

ビックリ

住宅ローンのシステムは別の機会に紹介しますが、簡単にいうと年金保険にかけているお金をローンの返済に回したほうが最終的にプラスになるということです。

例えば夫婦で個人年金を65才まで毎月2万、合計624万円支払ったとしましょう。

返戻率120%で計算すると749万円の年金を65才~75才まで分けてもらうことができます。

得をした分は差額の125万円ですね。

下の図を見てください。

年金2

 

仮に借入額を3000万円、金利を1%、35年ローンにしたとしましょう。

この年金にかけている毎月2万円を貯金し、2年間48万円貯まった段階で繰り上げ返済したとすると最終的に108万円払う額に差が生まれます。

そしてさらに返済も7年縮まります!

この段階でも個人年金なしの方が得になってしまうのです。

計算の詳細はこちら↓

【富山で新築】まったり家づくりブログ
【富山で新築】まったり家づくりブログ
https://toyama-iedukuri.com/2016/06/19/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%81%8C%E8%8B%A6%E6%89%8B%E3%81%A7%E3%82%82%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%EF%BC%81%E5%85%83%E5%88%A9%E5%9D%87%E7%AD%89%E8%BF%94%E6%B8%88%E3%81%A7%E3%81%AE%E4%BD%8F/?preview_id=448&preview_nonce=6e9a14f4f6&preview=true

 

スポンサーリンク

まとめ

現在、銀行は住宅ローンの金利をどんどん下げています。

仮に今後金利0.6%で35年間借りることができたら年金の方が特になる可能性もあります。

こればかりはどうなるか分かりませんが、私が思うのは65才以上の老後のことはあんまり考えたくないということです!

75才まで生きてるかどうかもわからないので(笑)

そして60才より前に返済が終わるのであればその方が嬉しく感じます。

金利が今後30年下がり続けるとよむなら年金をかけるのもあり。

今が底で、今後上がってくると思うなら年金はやめたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク