家を建てるときやリフォーム時、二階にトイレを付けるかどうか考えている方は多いのではないでしょうか?

私の場合は新築でしたが、考えた末、二階にトイレを付けました。

 

そして新築を建ててから一年以上が経ち、二階のトイレがどんな感じかというと…

 

全く使っていません!(笑)

 

ま、まぁ当初の計画からしばらくは使わない予定でいたのですよ…

 

私が考えていた二階のトイレの使用目的としては、

  • 子供が大きくなって自分の部屋を使うようになったとき
  • 両親や友達が泊まりにきて二階の部屋を使用するとき
  • 夜にトイレに行きたくなったとき(※子供が頻繁に使うようになってから)
  • 災害時に断水したとき

この4つです。

 

そしてこの中でも一番大きな目的は子供が使うため

二階のトイレが子供部屋のすぐ隣にあるため、便利だと思って付けました。

 

でもこの二階のトイレ、場合によっては必要ないんじゃないかと思うんですよね。

実際私の場合、使っていないのにも関わらずドラブルが発生したこともありますので、今回はそんな体験も踏まえて、二階トイレのメリット、デメリットを紹介していきたいと思います。

 

自分の場合はメリットのほうが多いのか?それともデメリットのほうが多いのか?

それを考えて付けるかどうか考えてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

二階トイレのメリット

まずはメリットから。

これは生活環境によるところが大きいと思いますので、自分にどれだけ当てはまるか見てみてください。

  1. 子供が部屋を出てすぐに使える
  2. お年寄りがいる場合、一階でも二階でも使えると負担が少ない
  3. 家族が多い場合、トイレ渋滞を緩和できる
  4. 片方が詰まったり故障しても、もう片方が使える
  5. 夜トイレに行きたくなった場合、階段を降りる必要がない
  6. 断水時、タンク付きであれば簡単に使える

 

メリットはこの6点でしょうか。

どれも利便性が良くなる理由です。

 

1.子供が部屋を出てすぐ使える

多くの家庭が子供部屋を二階に作ると思います。

ですから子供にとっては二階にトイレがあるとすごく便利ですよね!

 

いちいち一階に降りてこなくていいのは楽だと思います。

子供の友達が遊びに来たときでも気を使わなくて良いので便利ではないでしょうか。

 

ですがこれ、デメリットと考える人も少なくありません。

理由としては、『子供が降りてこなくなり、親とのコミュニケーションが減る』ということ。

リビングの中に階段を付けるのと同じで、子供と親が顔を合わせる回数が減ることを懸念する人が多いです。

 

でもよく考えてみると、下に降りてきたからといって会話が増えるのでしょうか?

話をする子供は二階にトイレがあっても会話するし、親と会話しない子供は降りてきたところで会話しませんよね。

 

私が実家にいたころは部屋からリビングの間にトイレがあったため、基本的にリビングに行くことなくトイレを済ませていました。

でも親との会話がなかったかというとそんなことはありません。

当時の私としては「めんどくさくなくて良い」と思っていたと思いますが、これはトイレの位置云々ではなく、それまでの親との関係性が大きいのかなと思っています。

 

 

2.お年寄りがいる場合に負担を減らせる

これは非常に大きいことだと思います。

もしかしたら二階に行くのも負担になるので一階に部屋を作る方も多いかもしれません。

 

その場合は必要ないかもしれませんが、逆に二階を他の家族が使えるメリットがあります。

お年寄りでトイレが近く、頻繁に行ったり長丁場になる場合、トイレが2つあったほうが確実に便利です。

 

 

3.家族が多い場合、トイレ渋滞を緩和できる

子供が多い場合や、家族の中にトイレに長く居座る人がいる場合、2つあると便利です。

特に急に行きたくなった場合に誰かが入っていたら最悪。

 

現在の家族の使用状況を見て問題なさそうであれば必要ないかもしれませんが、あって損はないかと思います。

 

 

4.片方が詰まったり故障しても、もう片方が使える

普通に使っていればあまり故障や詰まりは起きにくいと思いますが、万が一何かあった場合にもう片方が使えるのは便利です。

実家はトイレが1つですが、今まで故障や詰まりは起きたことがないので、あまり強い目的ではないかもしれません…

 

 

5.夜トイレに行きたくなった場合、階段を降りる必要がない

これは完全に楽をするためだけの理由です。

降りることが苦痛でなければ全く必要ありません。

 

ですが急に電気をつけると眩しいなどの理由で暗いまま階段を降りる方もいるでしょう(私ですw)

これは階段を踏み外して落ちる危険性があるため、安全面でも良いかもしれません。

 

 

6.断水時、タンク付きであれば簡単に使える

もし災害などがあり断水する場合、タンクレスとは違い、タンク付きのトイレであればそこに水を入れるだけで使用できるようになります。

 

最近ではほとんどの方が1階をタンクレスにするので、2階はタンク付きにしましょう。

価格もタンクレスより安いので2階につける場合は絶対にタンク付きが良いです。

 

スポンサーリンク

 

二階トイレのデメリット

では次はデメリットです。

正直こちらのほうが当てはまることが多いかもしれません。

  1. 初期費用が多くかかる
  2. 掃除の手間が二倍に増える
  3. 使っていないと悪臭が発生する
  4. トイレにするとスペースが減って減ってしまう
  5. 二階の間取りに制限ができる

 

デメリットは手間や金額に関することが多いですね。

ほぼ全ての人に当てはまると思いますので無視できない内容です。

 

 

1.初期費用が多くかかる

トイレの設置により工事費用だったり、トイレそのものの金額がかかり、初期費用が多くなります。

最初だけなのでそれほど意識しなくても良いことですが、少しでも初期費用を抑えたい方には重要な事項になりそうです。

トイレが増えてもトイレの回数が増えるわけではないので、増える費用としては最初だけという感じです。

 

 

2.掃除の手間が二倍に増える

これは地味に大きな理由の1つになりそうです。

誰が掃除をするのか?というところでも揉めそうですねw

 

掃除、めんどくさいですよねぇ…

これについては家族間での話し合いが必須になりそうです。

 

 

3.使っていないと悪臭が発生する

はい…

まさに我が家です。

 

先日悪臭が発生しました。

何で使ってないのに臭くなるの?と思って調べてみましたが、そこには納得の理由が。

 

これは使用しないことで封水が蒸発し、下水の臭いが入り込むのが原因でした。

通常トイレには悪臭や害虫が入り込むのを防ぐため、封水というものがあります。

絵を描くとこんな感じ。

 

トイレの中を覗くといつも水が見えると思いますが、これが封水です。

いつもトイレの中に水が溜まっている理由は、このように液が溜まるような構造になっており、これにより下水からの悪臭が中に入ってこないようになっているんですね。

 

普段使っていれば流すときに水が入れ替わり常に封水がある状態ですが、全く使っていないとこの水が蒸発。

すると下水からダイレクトに臭いが入り込んでくるということです…

 

いや~知らなかったとはいえ恐ろしいことですよ。

かなり臭いですからね。

 

下手をすればゴキブリなどの害虫が登ってきますから…

まだこれがなかっただけ良かったかも…

 

 

4.トイレにするとスペースが減ってしまう

トイレのスペースがもし収納スペースだったら!

結構色々な物を収納できますよね。

 

トイレよりも収納が多く欲しい!という方は収納にしたほうが良いかもしれません。

また、収納じゃなくても部屋を広げることもできるので少しでも部屋を広くしたい方にも良いかもしれません。

 

 

5.二階の間取りに制限ができる

これはどういうことかというと、一階と二階のトイレを全く違う場所に作ることが難しいということです。

大体一階のトイレの真上近くに二階のトイレが来ます。

 

これは流す配管を途中で合流させる必要があるから。

ですから一階のトイレの位置が決まっていた場合、二階のトイレの位置も大体決まってしまうということです。

 

これにより部屋のレイアウトにも制限ができるので、もし希望通りにならならないようでしたら二階のトイレはデメリットになってしまうかもしれませんね。

 

 

まとめ

今回は二階トイレのメリット、デメリットを紹介してきました。

どうだったでしょうか?

メリットとデメリット、どちらが多かったですか?

こうしてみると私はデメリットのほうが多かったかもしれませんw

 

自分達の生活を考え、メリットが大きいのか?それともデメリットのほうが大きいのか?

それにより付けるかどうかを考えてみてください。

今回の記事が少しでも役に立てれば幸いです。

 

 

間取りが決まったら銀行選び。

住宅ローンの金利を安くしたい方へ記事を書いてみました。

詳細はこちら

スポンサーリンク