新築を建てるとき、サンルームを一階に付けるのか?それとも二階に付けるのか?

迷われている方は多いのではないでしょうか?

 

私の場合はサンルームを付けることは決めていたのですが、どこに付けるのかまでは決めていませんでした。

考えた最高の条件としては、

  • 方角は日の当たる南~東
  • 一階脱衣所、洗濯機の近く

この2つです。

 

しかし1階でこの南、東の光をどこに入れたいのか?最重要場所はどこか?

これを考えたところ、「やっぱりリビングじゃない?」という結論に至りました。

 

そしてこうなると2つの条件を満たすことは無理ということになり、

残った選択肢は

  • 2階の東~南の位置
  • 日は当たらないけど一階脱衣所、洗濯機の近く

この2つで迷うことに。

 

結局迷った結果、妻が光を当てることを重視したため、2階の南東の位置にサンルームを設置することになりました。

サンルームですからね、太陽の光が当たらないと意味ない!ということです。

 

そこで今回は、我が家のサンルームの間取り、そして2階サンルームのメリット、デメリットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

我が家の2階サンルームの間取り

2階にサンルームをつけたことに満足していますが、南東にサンルームを付ける時、他の部屋をどう配置するのかで結構迷いました。

 

結果的に決まった間取りはこんな感じ。

 

 

 

右下寝室の角にサンルームをつけました。

寝室~サンルーム間は大きな型ガラスの引き戸にし、朝は寝室にサンルームからの朝日が入るように設計。

目覚めも良い感じになっています。

 

起床時は太陽の光が重要

人間が快適に目覚めるには、太陽が昇って徐々に明るくなるよう寝室環境がベストと言われています。

ですから遮光カーテンなどで朝でも暗いのは体にとって悪影響を及ぼします。

今回はサンルームの話なのであまり関係はありませんが、我が家はここにも注目しています。

 

また、東側には家が建っているのですが、サンルームの場所は建物部分ではないので陰になることもありません。

太陽の光を入れることに関しては完璧になりました!

 

ちなみにこんな感じです。


東と南側に窓をつけ、洗濯物がはっきりと見えないように型ガラスにしています。

 

晴れた日は窓を開けて風を通すようにしていますが、窓を開けると窓際の洗濯物は多少見えてしまうので、目立つところには当たり障りないものを干すようにしています。

 

サンルームは余裕があれば個別が良かった

我が家の場合、サンルームには寝室からしか行けません。

洗濯物を干すのは家族だけだからいいのですが、余裕があれば2階にサンルーム専用の扉をつけたかったです。

 

どうしても広さに限界があったためこのようにしましたが、隣にあるウォークインクローゼットをやめていれば可能だったかもしれません。

 

ウォークインクローゼットの後悔についても記事を書いています。

よかったら参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

2階サンルームのメリット・デメリット

ここまで間取りを紹介してきましたが、実際に使ってみてどのようなメリット、デメリットがあるのか紹介していきますね。

 

2階サンルームのメリット

まずはメリットから。

  • 日がよく当たるので洗濯物が乾きやすく、お日様のいい匂いがする
  • 2階にあるので窓を全開にして出かけることができ、防犯にも強い
  • 2階にあるので来客の目を気にしなくてもよく、外からも見えづらい

 

太陽の光をいっぱい浴びた洗濯物はとても良い匂いがしますよね。

これを感じた時、2階にサンルームを入れて良かったと思えます。

 

また、2階にあることで窓を全開にしていても安心です。

近くに人が登れるような場所があると心配ですが、我が家の場合、晴れた日は窓を全開にして出かけることが多いです。

 

そして2階にあることで見えづらく、窓を全開にしていても人目が気になりません。

これは大きなメリットです。

 

 

2階サンルームのデメリット

では次にデメリットを見ていきますね。

  • 洗濯機が1階にあるので、洗濯物を2階まで運ぶ必要がある
  • 乾いた洗濯物をまた1階に降ろす手間がある

 

最大のデメリットは2階まで洗濯物を運ぶ手間ですね。

 

大量の洗濯物をカゴに入れ、2階の階段を登る。

中々の重労働です。

 

もしお年寄りの方がいらっしゃる家庭であれば少し危険かもしれません。

洗濯機を2階に置くという方法もありますが、洗濯機はやはり脱衣所かなと思います。

 

また、乾いた洗濯物を下に片づける場合、また1階に降ろさなければなりません。

これも中々の手間になります。

 

 

雨の日対策は?

2階サンルームでも、雨の日は全然効果がありません。

一度除湿器をつけてみましたが、正直全然乾きませんでした(汗)

 

ですからウチの場合、天気の悪い日は乾燥対策もかねてリビングのエアコン付近に洗濯物を干しています。

最近の家は冬場の乾燥がひどく、洗濯物を室内に干すのは効果てきめんですのでおすすめです。

 

部屋の乾燥対策についての記事も書いていますのでよかったら見てください。

 

 

以前はバスルームの乾燥機能を使用していましたが、月の電気代が3000円ほど上がったことがあるのでやめました(汗)

 

 

2階のサンルームは費用に影響する?

基本的にサンルームを1階につけても2階につけても費用は変わりません。

変わるとしたら床材を耐水性のあるものにするか、普通の床でいくのかで変わるくらいです。

 

ウチは念のため耐水性のあるものにしましたが、洗濯機は脱水までしてくれるので普通の床材でも問題ないかと思います。

 

 

2階サンルームをより有意義にするために

折角2階にサンルームをつけるので、より良い環境で使いたいですよね。

 

先ほど挙げましたが、1階の洗濯機から2階に運ぶ大変さが最大のデメリットと言えますので、このデメリットをどれだけ少なくできるかを考えて間取りを決めると良いです。

 

例えばサンルーム側に棚を設置し、バスルームで使うタオルや下着類をそこから持っていくようにすればサンルームからの収納が楽になりますし、脱衣所のスペースを他で有効活用することも可能になりますよね。

 

ウチの場合はサンルームの隣にクローゼットがあるので、乾いた服をすぐ片付けれるという多少のメリットはあります。

 

2階サンルームを決める時には生活スタイルを想像しながら考えてみると良いですよ。

 

さいごに

いかがだったでしょうか。

2階サンルームはちゃんと日が当たる場所に付けることができれば大きなメリットになると思います。

私は2階につけてよかった!と自信を持って言えます。

まだ先の話ですが、年をとってから階段がきつい…とかなるかもしれませんがね(笑)

 

今現在2階にサンルームを付けるか迷っている方に少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

間取りが決まったら銀行選び。

住宅ローンの金利を安くしたい方へ記事を書いてみました。

詳細はこちら

スポンサーリンク