冬の部屋の乾燥、凄まじくないですか?

私は新築を建ててからあまりにもひどい乾燥に悩まされてきました。

正確な数値か分かりませんが、放置していると20%以下を表示していることがあります(汗)

 

新築を建ててから3年。

これだけ住んでいると乾燥の理由や対策が見えてきました。

 

そこで今回は、

  • 部屋が乾燥する理由
  • 実用的な乾燥対策
  • 乾燥が抱える大きなリスク

これら3つについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

部屋が乾燥する理由

まずは部屋が乾燥する理由ですが、これについては大きく2つの原因があります。

 

乾燥する理由1

1つ目の理由として、家の質が良くなっていることが挙げられます。

これはどういうことかと言うと、断熱材や窓のサッシなどの質が昔よりはるかに良くなったことによって、家の気密性が非常に高くなっているんですね。

私の実家などでは気密性が低かったことがあり、部屋が冷えるのは早いし、朝起きると窓の結露は凄いしで大変でした。

カーテンが結露のせいでカビてきたりとか(笑)

それもあってか乾燥は全く感じなかったんですよね。

 

ですが今では窓のサッシも樹脂製になったこともあり結露はまったくしません。

リビングの暖房もエアコンだけで十分です。

しかし乾燥がひどい!ひどすぎる!

乾燥の原因の1つとして、まずは比較的新しい家そのものが乾燥しやすいということです。

 

乾燥する理由2

2つ目の原因は、エアコンを使用していることです。

エアコンの使用はとても乾燥するんですね。ダイキンでは加湿ができるエアコンを出してはいますが、正直気休め程度で、根本的な解決にはなりません。

 

なら使わなければいいんじゃない?となりますが、正直今エアコンなしの生活は考えられないです…

他に使える暖房器具を考えるとヒーターやストーブ、後はコタツなどが考えれますが、

ヒーターは灯油代が高い、電気だと電気代が高い。

ストーブは火災の危険がありますし、コタツだと入っているところしか暖まりません。

そうなるとコストや安全性、便利性を考えるとエアコン一択かなと思ってしまいます。

 

実用的な乾燥対策

ではいよいよ本題、私が行っている乾燥対策を紹介します。

私が行っている対策は2つ。

  1. 加湿器を使用する
  2. 部屋に洗濯物を干す

これだけです。

 

1.加湿器を使用する

加湿器を使わない対策などもネットでは色々と紹介されていますが、やはり本気の乾燥には本気の加湿器を置かないと話になりません!

リビングには大きい加湿器、そして寝室には小さい加湿器が良いです。

では私が実際に使っている加湿器を紹介していきますね。

 

私がリビングで使用している加湿器

私が使用しているのはこれ。

パナソニックの気化式加湿器(FE-KFE15-W)というものです。

今では生産が終了していますが、これの最新バージョンが気化式加湿器ナノイー搭載(FE-KXF15-W)というもの。

 

木造の家で25畳までいけるため、リビング、キッチンなど空間が広くてもカバーできます。

私の家の場合、リビングは25畳もありませんが、キッチンやちょっとしたマルチリビングがワンフロアになっているのでこのタイプを選びました。

値段は…¥40,000くらいしましたね。高いです…

しかし効力は間違いありません!

中途半端だと意味がありませんからね。

■このタイプの加湿器掃除は2カ月に1回絶対にやること!

放置するとアルカリ性の白い粉状の水垢が付着し、非常に取りづらくなってしまいます!

私の場合、夏に放置したら市販のクエン酸では全く取れなくなってしまいました(汗)

仕事の関係上、会社に強力な塩酸があるため、それで全て落としました。

普通では取れなくなってしまうので掃除は必須です!

 

私が寝室で使用している加湿器

 

ハイブリッド加湿器(Dew Drop)というものです。

これは10畳タイプで、スチーム式と比べて電気代もかなり安くおすすめです。

寝室に加湿器がなかった時は、エアコンを使用していなくても起床時の乾燥による喉の痛み、いがいが感が苦痛でしかたなかったのですが、これを使用するようになってからそれが消えました。

私の場合、口呼吸してしまっているので尚更なんですよね(汗)

 

こちらは価格が¥6,500ほどで、お手軽な価格になっています。

スポンサーリンク

 

2.部屋に洗濯物を干す

加湿器を準備したら次はこれです。

冬は洗濯物を干すにしても外だとすぐ冷えてしまいますよね。

部屋干しする方も多いかと思います。

私の場合、お風呂に乾燥機をつけていたのでそこで干していたのですが、冬にこれは勿体ないですね。

もう少し早く気付くべきでした。

 

洗濯物はリビングに干しましょう!

 

これは凄く加湿効果があります。

目に見えて湿度計の数値があがりますよ!

 

ですが残念ながら、私は家を建てる時にこのビジョンが見えていませんでした。

洗濯物を干すスペースが狭いのですw

なので普通のキャスター付き物干しを使用しています。

結構置いていると邪魔です…

 

私はまだ使用していませんが、今は色々なアイテムが出ています。

 

こちらは壁に取り付けてワイヤーに洗濯物を干せるタイプの物干し。

私が今一番気になっている物です。

普段はワイヤーを収納できるので邪魔にならず、主張しないのでとてもおすすめです。

耐荷重も10kgなので優秀ですね。

取り付けには要注意!

このタイプ、非常に便利ですが、取り付けの条件があります。

まず取り付ける場所は下地(壁の中の木の柱)がある場所であること。

そして取り付けにはドリル等の工具が必要です。

便利ですがここがデメリットですね。

 

乾燥が抱える大きなリスク

では最後に乾燥のリスクについて書いていきますね。

 

風邪をひきやすくなる

皆さんご存じかもしれませんが、乾燥すると本当に風邪をひきます!

私は子供の風邪をことごとくもらいました!

手足口病までもうつりましたからね(汗)

インフルエンザの危険性もかなり高まるため、ここはキチンと対策することが大事です。

 

火事の危険性が高まる

これもよく言われていますが、火事の危険性が高まり、さらに火事になった時に火が広まるのも速くなってしまいます!

命に関わることなので中途半端な対策はやめたほうがいいです!

 

まとめ

今回は本当に効果がある乾燥対策を紹介してきました。

大事なのは、惜しまずに加湿器を使用すること!

そしてダメ押しの洗濯物リビング干しです。

 

私は色々と試して、この2つが効果的と実感しました。

皆さんも自分の部屋に合った加湿器を考えてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク