部屋にクローゼットをつける時、扉をつけるのか、それともつけないのか。

迷っている方は多いのではないでしょうか。

 

私は新築を建てる時、子供部屋は扉あり、そして寝室はウォークインクローゼットの扉なしで決めました。

理由は色々ありますので後ほど紹介していきますが、ここで迷っていらっしゃる方はそれぞれ使ってみてどのようなメリットがあるのか?逆にデメリットはどうなのか?

 

扉のあるなしに正解はありませんので、どちらが自分の生活スタイルに合っているのかを知りたいですよね。

 

そこで今回は、クローゼットに扉をつけた方、そして扉をつけなかった方、それぞれ数名の方の体験談を紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

スポンサーリンク

寝室のクローゼットに扉をつけた方の口コミ

20代女性 鹿児島県在住

 

私の子供はまだ小さく、寝室で一緒に寝ています。

そこで朝子供たちがまだ寝ている時間に洋服を取りたいとき、照明をつけると起こしてしまうかもしれないという心配があり、ウォークインクローゼットに扉をつけました。

これにより、扉を閉めてから照明をつければ部屋に光が入らないため、起さずにゆっくりと着る服を選ぶことができます。

これが私にとって扉をつけるメリットです。

そして今のところ、まだデメリットに感じることはありません。

20代女性 新潟県在住

 

将来的に自分達から子供へと譲る家になる可能性があったため、扉をつけました。

子供がその時に必要と言うかどうかは分かりませんが、あるに越したことはないと思ったからです。

扉をつけるのには費用がかかりますが、外すだけなら費用はかからずに済みますから。

 

私個人としても、部屋をスッキリとしたいため扉をつけて良かったと感じています。

デメリットを言うのであれば、はみ出すと扉が閉まらなくなること、配置によって扉が引っかかることがあることです。

40代男性 大阪府在住

 

私は片付けが苦手で、収納が雑になりがちです。

なのでクローゼットの中もあまり綺麗に収納できていません。

寝室なので他人が入る場所ではないのですが、自分自身でも散らかっているのが目に見えると嫌なので、扉をつけて見えないようにしています。

正直これだけでも気分がかなりスッキリしています。

 

デメリットといえば、扉の開け閉めがめんどくさいというくらいです。

きちんと収納できていないためか、開ける時に中で落ちたものが引っかかって少しイライラしてしまうこともあります(笑)

 

寝室のクローゼットに扉をつけなかった方の口コミ

40代女性 兵庫県在住

 

扉をつけなかったことで、微々たるものですが、建築費を抑えることが出来ました。

また、きちんと片付けておけば部屋と一体感が出て広く感じます。

 

デメリットは、クローゼットなのに物をあまり置きたくなくなるところです。

部屋が雑然と見えてしまうためです。

30代女性 兵庫県在住

 

扉をつけなかったことで良かったと思う点は、通気性がよく、朝いちいち開けたり閉めたりせずに、すぐに服が取り出せることです。

扉をつけないことで利便性がよく、時間効率が良くなりました。

 

その反面、ホコリがたまりやすく、見栄えとしてはスッキリしません。

しかし私としては、他者が入らない寝室ということもあり、利便性を重視しました。

20代女性 神奈川県在住

 

私は寝室を広くし、大きめのクローゼットを作りました。

扉をつけないことで、寝室と一体化しており、部屋がとても広く感じます。

また、扉の開け閉めがなく、扉特有の出っ張りもないため、掃除が楽です。

 

ただ実用性が高いぶん、ちょっとした倉庫のような見栄えになっており、見た目が悪くなっています。

 

子供部屋のクローゼットに扉をつけた方の口コミ

30代女性 熊本県在住

 

ウチでは子供がよくベッドの上でジャンプをしたり、それでなくても布団があるだけでホコリが立ちます。

ですが、扉を付けていればホコリが洋服に付着しないので良いです。

 

デメリットとしたら、扉があることで開けない限り汚さが分からないことです。

見えないこともあり、つい片付けを怠ってしまいます。

40代女性 富山県在住

 

ウチには子供の友達がよく遊びにくるため、子供部屋のクローゼットに扉をつけておいて正解だと思いました。

やはり子供としても友達に見られたくない部分もありますし、急に遊びにくる場合でも詰めこめばとりあえず隠せるのが良いです。

 

デメリットは特に感じていませんが、子供がクローゼットに隠しものができてしまうことでしょうか。

ですがこれも仕方ないのないことなので、気になりますが触れないようにしています。

40代女性 静岡県在住

 

ウチは収納が少なく、子供の物以外の物を子供部屋のクローゼットに収納しています。

ですから友達が遊びに来た時に扉がないと恥ずかしい…

それに見栄えとしてスッキリするので扉は必要と感じました。

 

ただ、扉があると開け閉め分を考慮して、前に物を置いたりできないのが困ります。

 

子供部屋のクローゼットに扉をつなかった方の口コミ

30代女性 山口県在住

 

私は子供部屋に扉をつけませんでした。

理由としては、扉がないことで子供の動きが自由になることと、部屋とクローゼットという明確な分かれ目がなく、物の配置の制限がなくなることです。

 

デメリットとしては、やっぱり整理整頓しないと部屋が散らかっているように見えます。

30代女性 茨城県在住

 

私が扉をつけなくて良かったと思う点は、片付けないと散らかって見えるぶん、子供が自主的に部屋を整理するようになったことです。

ただ大人の目線からみると、片付けが上手ではないので物が放り込んであるような印象を受けます。

 

また、高いところにあるものが落ちてきそうになることがあり、これが心配になることがあります。

地震が多い土地柄なので、物が落ちてこない場所に寝ておりますが、こういった事故を考えると扉が欲しくなる時があります。

30代女性 高知県在住

 

ウチの場合は扉をつけませんでした。

扉をつけないと汚く見えることがデメリットとされがちですが、おもちゃを綺麗に片付けることで逆にしっかりと収納を見せることができ良かったと思っています。

 

ただ、チェストに入らない子供服などは別の部屋に収納してあります。

ハンガーにかけてある服がむき出しなのは、やはり見栄えが悪いためです。

ですからデメリットは、別の部屋に服を取りに行くのが遠くてめんどくさいところです。

 

スポンサーリンク

我が家は寝室は扉なし、子供部屋は扉あり

冒頭でも書きましたが、我が家は寝室は扉なし、子供部屋は扉ありです。

まず寝室につけなかった理由としては、口コミにもあったように、『他人が入ることのない部屋』だからです。

 

数々の口コミを見て分かったことは、『実用性を重視するなら扉なし、外見を重視するなら扉あり』ということであり、私もその思考のもとにこの設計にしています。

 

なので実用性を重視し、寝室は扉をつけていません。

 

反対に子供部屋には扉をつけました。

ここは使い方のセンスが問われるのかもしれませんが、私が扉をつけると決めた理由が3つあります。

  • 子供の友達が来た時に中を見られるのが嫌だから
  • 信用していないわけではないけど、防犯になる
  • 高いところに置いたものが落ちても扉があれば安心できる

 

まず考えたのは友達の件です。

子供部屋に他人が入るとすれば、それは子供の友達くらいです。

また、家庭によっては家庭教師なども考えられますね。

そこで中が見えてしまうのはやっぱり嫌なんですよね。

 

また、私が子供のころにあったことで、友達による盗みです。

私の友達が、別の友達に物を盗まれたと言っていたのを思い出しました。

もちろん証拠はありませんが、親としても友達を疑いたくない、かといってまた家に入れるのも不安。

そんな葛藤は嫌ですよね。

 

なのでそんなことがないよう、未然にこれを防ぐのが大事かと思いました。

盗むためには扉をあけるという行動が絶対になるからです。

 

最後に事故対策です。

私が住んでいる地域は基本的に地震などはありませんが、積み方が甘かったりすると、もしかしたら落下してくる可能性があります。

ここは安全を意識した対策です。

 

我が家のクローゼットの扉

最近のクローゼットでは、扉がある程度自由に動くようになっています。

我が家の場合は上の図のような感じ。

真ん中の手すりを引くと開きますが、その後さらに扉全体をスライドさせることができます。

 

ですから開けた後に右、もしくは左に寄せたりという使い方ができるので、大きなものを片側に寄せて入れたりする時も不都合は感じません。

扉も少しずつ進化していってますね。

 

まとめ

今回はクローゼットの扉の有無について、口コミと私自身の経験を紹介をしてきました。

最後にもう一度書くと、

  • 実用性重視なら扉なし
  • 外見重視なら扉あり

様々な意見から、大体このようになっています。

 

これからクローゼットを設置する方は、自分がどちらを重視するのかイメージしてみると良いかと思います。

 

 

 

間取りが決まったら銀行選び。

住宅ローンの金利を安くしたい方へ記事を書いてみました。

詳細はこちら

スポンサーリンク