新築で家を建てるとき、私は吹き抜けをどうしてもつけたかったので、吹き抜けをつけました。

 

しかし金額的に余裕がなく、余分なスペースを取ることが出来なかったため、吹き抜けを吹き抜けだけで終わらせず、有効活用したいと考えました。

 

そして最終的に、吹き抜けに4つの要素を取り込むことができ満足しています。

 

今回は我が家の吹き抜け階段の間取りと、私が取り入れた3要素について、写真付きで紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

我が家の吹き抜け階段の間取り

まずは間取りを紹介しますね。

 

2階を含めて上から見るとこんな感じの間取りです。

 

1階と2階の間にスキップフロアを設け、パソコンができるスペースにしました。

 

1階だけを見るとこんな感じ。

スキップフロアの下にはマルチリビングを設置。

階段の下には外部物置を設置しました。

 

点線部分は段差になっており、マルチリビング側が15cmほど低くなっています。

 

 

吹き抜けに取り入れた4つの要素

ではこの間取りに取り入れた4つの要素を紹介していきたいと思います。

ここからは写真付きで紹介しますね。

 

少ないスペースに結構色々と詰め込みましたよ。

 

 

スキップフロア

 

まずはスキップフロア。

私は自分専用の部屋を作らなかったため、ここが居場所になっています。

 

パソコンを使う場所はどうしてもほしかったので、この場所に設けました。

ちょっとしたスペースですが有効活用できていて満足しています。

 

 

マルチリビング

 

スキップフロアの下にはマルチリビングを設置しました。

ここを作った理由は、使用用途を変化させれるフロアが欲しかったからです。

 

今はまだ子供が小さいため、自分の部屋を使うようになるまでの子供スペースとなっています。

リビングのすぐそばにあり、キッチンからも見えやすいため、常に子供の状態が見れるので安心です。

子供たちが自分の部屋を使うようになったら、次は私がここを使おうかと考えています。

 

また、写真左下に少しだけ段差が写っていますが、ここはリビングとの境界をはっきりさせるため、1段下げて作ってあります。

 

スキップフロアが上にあるため、天井が低くなることも下げた理由の1つです。

 

 

外部物置

次に外部物置です。

これは階段下の家の中にあるのですが、家の外からしか入れません

 

なぜこんな感じにしたかというと、外に物置を設置するスペースがほぼなかったため、車のタイヤ等を置くスペースがなかったためです。

 

外部物置の入り口前は駐車場となっていますので、タイヤ交換はかなり楽にできます。

また、家の収納にはあまり置きたくない物もこの物置にしまってあります。

 

照明に関しても一応家の中なのでそのまま電気配線を引けたのもメリットです。

 

この外部物置に関しては、物置にするなら家の中の収納を増やしたいと思う方もいらっしゃると思いますが、どちらにしても階段下は収納に便利な場所だと感じました。

 

 

明るい廊下

最後は廊下です。

2階には吹き抜けに面した廊下がありますが、ここには吹き抜けにつけた大きな窓からしっかりと光が当たるようにしています。

 

ここを注視した理由としては、以前遊びにいった知り合いの家の2階廊下がものすごく暗かったからです。

なぜそんなに暗かったのかというと、廊下を部屋と部屋で挟んでいたから

 

以前行ったモデルハウスでもこういった家はありましたが、モデルハウスでは照明を全てつけていたために見落としていました。

 

2階廊下が昼でも暗いのは個人的に印象が悪かったため、吹き抜けを作るときに廊下を開放的に作るよう設計士にお願いしていたのです。

 

スポンサーリンク

吹き抜けの階段、フロアの写真

ここまで紹介してこなかった他の写真も紹介していきますね。

 

 

階段の写真

 

階段はオシャレなものではありませんが、安全を重視して作ってあります。

設計士からは、階段の立ち上がりの部分も木目にするか聞かれましたが、段差がはっきりと分かるように足で踏む面だけを木目にしました。

 

少し残念なのはマルチリビングの関係もあり、直線に長くなってしまったところです。

ここは子供が登る時、転げ落ちないか心配になりますね。

 

フロアの写真

 

 

下から見るとこんな感じです。

 

 

 

吹き抜けの上にはシーリングファンがあります。

これは冬場、暖気を下に流してくれるのに役立ちます。

 

ただこのシーリングファンの場所については、掃除ができる場所につけることを心がけましょう。

 

しばらく使っているとすさまじい量のホコリが羽根の上に溜まります。

できればちょっとした台を置いたら手が届く場所につけることをおすすめします。

 

私の場合は、パソコンのカウンターに登れば手が届く場所にありますが、かなり危険なので失敗しております…

 

長い棒を使ってもホコリは綺麗にとれない

以前クイックルワイパーを使用して2階廊下からホコリ掃除を試みましたが、シーリングファンが揺れて、全然綺麗になりませんでした。

 

ファンが揺れて危険なこともあるので、掃除方法は頭に入れておくことをおすすめします。

 

まとめ

今回は我が家の吹き抜け階段の間取りを紹介してきました。

吹き抜けを作ると2階の面積が減ってしまいますが、やはり開放感は重要だと私は感じています。

 

吹き抜けは家のシンボルだと思いますので、自分なりに有効な要素を取り込んで、ぜひ素敵な家を建ててください。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

 

オシャレな家にしたいなら各フロアの写真が豊富な、大手メーカーのカタログを参考にするのもおすすめです。

無料で簡単に請求できる方法を紹介している記事がありますのでよかったら見てください。

カタログ紹介記事はこちら

 

間取りが決まったら銀行選び。

金利を安くしたい方におすすめしたい銀行の選び方も別記事で紹介しています。

銀行選びの記事はこちら

 

 

スポンサーリンク