新築で家を建てた際に、クロスとクロスの間に隙間が空いているのを見たことがありませんか?

壁隙間

ちょうど部屋の角などにこのような隙間ができることがあります。

「家を建ててまだ数か月なのにどうして!?手抜き工事!?」

などと普通に考えると思いますよね(汗

 

でも実はこれ、欠陥ではなく新築の家に起こる当たり前の現象だったのです。

 

スポンサーリンク

 

隙間ができる原因とは

これは結論から言うと、家で使われている木材の収縮によってクロスが引っ張られ、割れてしまうことから起こる現象です。

通常の新築だと木材が安定するまでに1~2年かかると言われています。

そして木材の収縮は、木の含水率が深く関係してきます。

 

含水率とは?

含水率とは水分の多い少ないを表す数値的な指標になります。

通常木材は水分を含んでいますが、家の材料として使用するために乾燥させます。

しかし、その乾燥が十分でない場合、家を建てた後に木材の水分が自然と抜けていき木の収縮が起こるのです。

そして木は乾燥させすぎてもいけません。

逆に水分を吸ってしまい、膨張してしまうからです。

 

木材には『平衡含水率』というものがあり、木が水分を吸ったり出したりしなくなる最終的な状態があります。

これはその地域の環境や季節などにより変化する為、これを完璧に乾燥技術で合わせるのは至難の業です。

先日の防蟻処理の記事でも書きましたが、湿式処理などを施していると、それだけでも木材の含水率は変わってきてしまいます。

ローコストメーカーなどでは、乾燥部分でも経費を削減しなければならない為、こういった隙間などができる確率も上がってしまいます。

乾燥技術や防蟻処理を徹底しているメーカーでも、クロスの割れは起こる可能性があると言っていました。

スポンサーリンク

 

実際に隙間が空いてしまったら?

クロスとクロスのつなぎ目はコーキング処理されています。

そしてこのコーキング材はホームセンターなどで売っているので簡単に補修できます。

やり方はこちらの記事で詳しく説明しています。

また、こちらの記事では施工1年のアフターサービスでクロスの隙間を修復してもらった時のビフォーアフターを載せていますので、新築1年でどれだけの隙間が出来てしまうものなのか?

それも参考にしていただければと思います。

 

まとめ

いきなりクロスに隙間ができたらビックリしますよね;;

普通に欠陥だと思ってしまって当たり前だと思います。

しかしどの住宅メーカーで建てる場合も、木材の乾燥処理に関してはしっかり聞いておいたほうが良いと思います。

クロスの割れ具合に大きな差がでてくるかもしれませんからね。

100%防ぐのは無理といわれているこのクロスの隙間。

できてしまっても意外と簡単に修復できるので、ぜひお試しください。

 

スポンサーリンク