お風呂の仕様を決める時、窓をつけるか悩むことがあると思います。

我が家ではアパート生活時代で窓がなく、少し圧迫感を感じていたこともあり窓をつけました。

 

風呂の窓については好みがあり、いらないと思っている方も多いですが、迷う方も多いと思います。

 

そこで今回は、新築に窓をつけようか迷っている方にむけ、窓は必要なのか?

そして、窓をつけた場合とつけなかった場合、どのような違いがあるのかを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

新築の風呂に窓は必要か

結論から言うと、必要かと言われれば必要はないと思います。

これはどうしてかというと、無くても不便がないからです。

 

以前アパート生活をしていた時はずっと窓がありませんでしたが、不便さはありませんでした。

なのでなくても大丈夫なのですが、人によってはあったほうが良い場合もあります。

 

 

風呂に窓があったほうが良い方

ではどんな方が窓をつけたほうが良いのか見ていきましょう。

 

夜仕事で朝風呂に入る方

朝お風呂に入る方は窓をつけることをおすすめします。

窓がないと朝でも光が入らないため、絶対に電気をつけなければならず、夜と変わりません。

 

しかし窓があると朝風呂に入った時、窓から光が入り、晴れている日はかなり気分がスッキリします。

我が家では風呂の窓が北側にあるので朝でも直接光が入るわけではありませんが、それでも夜の風呂とは景色が変わるため、新鮮でスッキリした気持ちになれます。

 

朝風呂を活用される方には窓をつけることをおすすめしたいです。

 

すぐに換気をしたい方

お風呂は基本的に24時間換気がついていますが、それでもすぐに換気はできません。

また、風呂は行き止まりになるため、ドアを開放していても風は入りにくいです。

 

しかし窓をつけでドアを開放しておけばすぐに換気ができ、風を送り込むことができます。

換気にこだわる方にも窓はおすすめできます。

 

開放感がほしい方

開放感を上げれば上げるほど、外から見えてしまうリスクが高くなりますが、開放感を求めている方にも窓はおすすめします。

 

しかし窓で開放感を求める場合、それなりに大きな窓をつけなければ意味がありません。

窓を大きくすることによって外から見えたり、外部からの侵入リスクも高まるため、窓を大きくするのであれば設計にかなりこだわる必要がでてくるでしょう。

 

家族の意見も一致する必要があるため、開放感を求め、大きめの窓を考えている方は色々と注意が必要です。

 

 

風呂に窓がないほうが良い方

次に窓をつけないほうが良い方について書いていきますね。

 

窓をつけたほうが良い理由に当てはまらない方

まず風呂に窓が必要ない方は、つけた方が良い理由に全て当てはまらない方です。

つまり、

  • 朝風呂に入ることがない
  • 換気は24時間換気で十分
  • 風呂に開放感は求めていない

こういった方です。

 

ここに当てはまらない方は、窓をつけてもメリットはほとんどないと思います。

 

防犯に備えたい方

防犯面を強化したい方は、窓をつけないほうが良いです。

外からの侵入や、覗きのリスクがありますよね。

 

これらが心配の方はつけないほうが良いと思います。

 

プライベート空間として確立させたい方

窓をつけることで内部からの音漏れがでやすくなります。

我が家のお風呂はトクラス(ヤマハ)製なので、お風呂にはスピーカーがついており、たまに音楽を流していることもあります。

 

大音量で流している時や子供が叫んだりする場合、外に音が漏れている可能性もあるため、そういったことが気になる方も窓はおすすめしません。

 

スポンサーリンク

 

風呂につける窓はどんな物が良いか

では窓をつける場合、どのような窓が良いのでしょうか。

こちらは目的別に紹介していきますね。

 

 

防犯を意識した窓

まず侵入などを防ぎたい場合は、人が入れない大きさの窓にしましょう。

 

 

このような横長の窓は防犯にもよく、光が入るのでおすすめです。

 

 

開放感を意識した窓

開放感を求める方は大きめの窓をおすすめします。

 

 

このように壁いっぱいの窓は開放感にあふれており、朝に入る場合は快適です。

しかし普段夜しか使わない場合はあまり意味がありません。

 

 

風呂に使う窓の種類

では最後にお風呂で使うべき窓の種類を紹介します。

 

 

型ガラス

このようにざらざらして中がはっきりと見えないようなガラスです。

基本的に窓のガラスはこれになるかと思います。

強度もあり、基本的にこのガラスになると思います。

 

 

すりガラス

 

こちらは多少ざらざらしていますが、中はほとんど見えません。

型ガラスよりも中がみえづらくいのがメリットですが、すりガラスは割れやすいのが難点です。

 

 

まとめ

今回はお風呂の窓について紹介してきました。

最終的にお風呂の窓は好みになるかもしれませんが、もう一度まとめますね。

 

お風呂に窓をつけたほうが良い方は、

  • 朝風呂によく入る方
  • 換気をすぐにしたい方
  • 開放感を求める方

 

お風呂に窓がいらない方は、

  • 夜しかお風呂に入らない方
  • 換気にこだわらない方
  • 防犯を重視したい方
  • プライベート空間として確立させたい方

こんな感じです。

 

自分の生活に合わせて考えてみてはどうでしょうか。

 

 

また、色々なお風呂の写真を参考にしたい方は、無料のカタログ請求がおすすめです。

特に大手メーカーのカタログは写真が多くて参考になります。

無料カタログ請求について紹介している記事がありますので、こちらもぜひご覧ください。

カタログ紹介記事はこちら

 

 

間取りが決まったら銀行選び。

金利を安くしたい方におすすめしたい銀行の選び方も別記事で紹介しています。

銀行選びの記事はこちら

 

スポンサーリンク