新築に住んでからの悩みで多いのが収納です。

私もそうでしたが、設計段階では間取りにこだわりすぎて、収納スペースの優先度が低くなってしまうんですよね。

 

「最悪後で収納家具を置けばいいか」くらいに考えてしまうものです。

 

しかしそれで後悔した人も多いはず!

 

そこで今回は、これから新築を建てる方で収納を計画している方、収納が少ないのではないかと不安を感じている方にむけて、我が家の実例と失敗したことを交えて収納を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

収納はどのくらい必要か

一般的に収納スペースは、家全体の12%~15%と言われていますが、大体の人が8~10%ほどになっているの現実です。

私の家でも1階の収納はそこそこあるものの、2階については部屋以外での収納はありません。

正直収納が足りないと思うこともあります。

 

ですから設計段階で、どれだけ収納するものがあるのかを把握しておく必要があります。

新築に住み始めてから特に収納が足りないと思うところはリビングと言われていますので、まずはリビングの収納から紹介していきますね。

 

 

リビング収納

ではリビング収納から。

リビングはなるべく広く、スッキリさせたいため、収納を抑える方は多いはず。

 

しかしここで収納を渋ると、リビングで使いたい物が全然置けない!ということになってしまいますので注意が必要です。

 

 

リビングクローゼットを利用する

新築の設計段階であればあらゆることに自由がききます。

リビングに後付けの収納を置く場合、サイズが合わないと見た目が悪くなってしまいますよね。

 

そこで活躍するのがリビングクローゼットです。

我が家では最初の設計段階では、リビングクローゼットがある場所はちょっとしたカウンターになっていました。

 

メーカーからは、「そこに椅子を置けば子供の勉強スペースになったり、パソコンフロアとして利用できますよ」と言われましたが、パソコンスペースはスキップフロアに設置していたのと、やはりリビング収納に不安があったため、そこはリビングクローゼットにしてもらいました。

 

図にするとこんな感じ。

 

 

こんな感じで1つめはリビングの角に設置しました。

ここにはよく使う小物、インスタントの食品などリビングとキッチンで使用する物を収納しています。

 

また、下にあるクローゼットはほぼ家の中央にあるため、Wi-Fiを置いたり、掃除機などの清掃道具、その他の物を置いています。

 

 

押し入れを利用する

リビングに和室が面している場合、そこに押し入れを設置するのも良いです。

リビングのクローゼットは比較的コンパクトになりますが、押し入れなら布団など大きい物を収納できます。

 

我が家ではリビングに3畳の畳コーナーを作りましたので、そこに押し入れがあります。

子供が小さいうちはここに子供服などを収納していて、服を汚してもすぐに着替えられるようにしています。

 

子供たちが自分の部屋を使うようになったらここにも他の物を置けるかなと考え中です。

 

リビングの南側にこのような感じで畳コーナーを設置しています。

 

 

写真でみるとこんな感じ。

 

 

リビングに押し入れがあってもあまり違和感はありません。

 

 

キッチン収納

先ほどリビングとキッチン両方を兼ねて使っているクローゼットを紹介しましたが、他にもキッチンの収納を紹介したいと思います。

 

 

半畳ほどのスペースを作る

先ほどの図に『勝手口』という場所があったかと思いますが、私の場合これは完全に失敗でした。

勝手口はいらなかった…

この半畳ほどのスペースをキッチンの収納にすればよかったと少し後悔しています。

 

キッチンの角に半畳ほどでもスペースを開けておけば、ここを上手に収納に利用できるはずです。

ですから最初の設計段階で少しスペースを取れるのであれば半畳だけでも用意しておきましょう。

 

 

床下収納を作る

我が家にこれはありませんが、床下収納を用意しておけば、そこにも収納を確保できます。

 

 

そこまで大きくはないかもしれませんが、冷蔵庫が圧迫気味の方におすすめです。

 

スポンサーリンク

階段下収納

階段下は収納に非常に優れていますので、我が家も収納として利用しています。

しかし我が家の場合、中ではなく外から入る仕様にし、駐車場に入り口をつけました。

 

 

この中が階段下のスペースとなっています。

車のタイヤやスコップなど、外で使用する物を収納しています。

駐車場にあるので、タイヤ交換は非常に楽です。

 

土地に余裕がある方であれば外に物置を設置し、階段下は内部の収納に活用するのが良いでしょう。

 

 

脱衣室収納

脱衣室には基本的に洗濯機が置かれるので収納を増やすのは中々困難です。

我が家では洗面所を脱衣室には設置しなかったので、そこを収納スペースにしていますが、正直それでも足りない状態です。

 

ここにはもっとしっかりと収納スペースを設けるべきでした。

 

脱衣室での収納のポイントは、家族が何人でどれだけの衣類を置くのかと、タオル等の水場で使う物をどれだけ置くのかを考えることです。

 

我が家の場合、家を買ってから子供が産まれたため、そこまで意識していませんでした。

 

ここもあらかじめ収納を作っておくのか、それとも後で家具を買っておくのか考えなければなりません。

もし家具を買う場合でも、大きさはある程度把握しておいたほうがうまくいきます。

 

我が家は今のところ失敗気味です…

 

 

2階収納

我が家では部屋以外の収納は2階にはありません。

これは吹き抜けをつけたためにそのスペースがなくなったためです。

 

我が家では2階収納よりも吹き抜けを優先しましたが、個人的には2階収納スペースを設けるより、寝室を広くしてクローゼットを大きくするほうが良いと思います。

 

なぜ寝室のクローゼットが大きいほうがいいかというと、我が家では寝室ウォークインクローゼットに失敗にしているからです。

 

それについては別に記事を書いているため、こちらをご覧ください。

 

 

 

子供部屋収納

子供部屋は子供が大きくない限りあまりこだわる場所ではないかもしれません。

我が家ではクローゼットが1つあるだけの普通の部屋になっていますが、これだとおそらく収納が足りなくなります。

 

そこで、余裕があれば屋根裏を利用したロフトを設けるのがおすすめです。

部屋が大きければいいとは思いますが、大体6畳~5畳くらいになると思います。

 

どうしても横に広げるのは難しいため、収納専用でもいいのでロフトがあるととても便利です。

 

私が以前1人で暮らしていたアパートに、荷物専用のロフトがありましたが、これはとても便利でした。

子供部屋の収納が少ないと思われる方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

どうしても収納が足りない場合は

どうしても収納が足りない、または今はいらないけど捨てるのは勿体ないなど、そういった物がある場合は、現在注目を集めている宅配トランクがおすすめです。

 

こちらは『AZUKEL』という名前のサービスで、ダンボール1箱を月額400円で預かってくれ、引き出す時もスマホでボタンを押すだけで宅配してくれます。

 

 

また、関東圏限定ですが、トランクスペースの貸し出しも行っています。

 

 

まとめ

今回は新築の収納について我が家の実例や失敗を兼ねて紹介してきました。

断捨離できる方はいいですが、物って中々捨てれないですよね。

 

注文住宅を建てるにあたって、おろそかになりがちな収納。

自分が思っているよりも物は多くなると思いますので、出来る限り多く考えてみましょう!

 

もし収納する物が把握できない場合でも、収納家具を置けるような空間を確保しておくと良いですよ。

 

 

間取りのイメージがつかめない方は、私も利用した大手メーカーの無料カタログ請求をおすすめします。

沢山の写真を見ることで新築のイメージがしやすくなるので気軽に利用してみてください。

 

無料カタログ請求はこちら

 

また、このサービスについての記事も書いていますので、カタログ請求が不安な方はこちらをご覧ください。

 

 

スポンサーリンク