先日の記事でお風呂メーカー2社を比較しました。↓

悩みに悩んだ結果、トクラスで決めることになりました。

あの柔らかい床は捨てがたかったですが、やはり浴槽が窮屈なのはきつかったです。

今回は決定するまでに私が悩んだ部分を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

悩んだ原因は浴槽と床と嫁w

 

・浴槽

これなんです。

前回も紹介しましたが、私にとって浴槽とは『肘掛け』がないとダメなんです。

トクラスの肘掛けは非常にフィットしてまして・・ゆっくりと入れそうだったんですよ。

しかしTOTOにはそれがありませんでした。

肘を置くには浴槽の外に出さないといけないんですね。

そして肩までお湯に浸かった時のあの窮屈な感じがやはり微妙でした。

私は中肉中背なので、少し太っている方だとかなり窮屈だと思いますよ;

 

また、小さな子供がいる家庭は半身浴のための台が非常に良いと思うんです。

小さい子供が座れば、ピッタリ全身浴になるんです。

一緒に入る際も抱っこしなくても溺れないのでおすすめできます。

 

・床

TOTOの床の感触もやはり捨てがたい物でした。

お子さんがいる家庭などは、子供が転んだ場合にもかなり安全ですよね。

なのでTOTOを選ぶ人が50%を超えるというのは納得なんです。

この最高の部分も大きく悩む原因でした。

 

・嫁w

おそらく妻はTOTOが良かったのではないかと思っています。

どっちがいいか聞いてもハッキリ答えないんですよね。

結果好きな方を選んでいいよと言われたので、浴槽重視でトクラスにしました。

あとは実際に使ってみて何て言うかですね(笑)

スポンサーリンク

 

金額は?

各社のショールームでは大雑把な金額も聞きました。

トクラスではデフォルトで人工大理石だったのに対し、TOTOでは人工大理石がオプションだったのです。

通常のFRP材質に対し、人工大理石ではなんと12万円も値上がりするとのこと!

「あーこれでトクラス決定だわ、悩むの終了~」と思いました。

 

しかし・・・・

 

石友からの見積もり金額を見てビックリ!

定価はTOTOが普通に高かったのですが、仕切り金額ではTOTOのほうが安かったのです!

「マジカヨー」となりましたね(笑)

結果ほとんど金額は一緒で、若干TOTOが安い感じでした。

これによりさらに悩むことになったのです・・・

 

石友の担当者も「TOTO頑張ってますね(笑)」と悩んでいる私を見て笑ってましたね(笑)

 

まとめ

最終的に、「お風呂はゆっくり入りたい!」ということでトクラスに決めましたが、正しい判断だったかどうかはまだ分かりません。

完成見学会でも圧倒的にTOTOが多いです。

この際せっかくですので、音楽も楽しみながらお風呂に入ろうと思っています^^

スポンサーリンク