分譲地

土地を決める条件として一番に考える事は『場所』だと思います。

私もそうでした。

 

場所を決める条件としては人によって色々あるかと思います。

特に富山県民としては

1.実家が近い場所

2.小学校が近い場所

3.地域の人柄が良い場所

などが多いようです。

 

私は元々は富山の人間ではないので地域のことはよく分かりませんが、話を聞くと結構こだわる方が多いみたいです。

噂では「あの地域は荒れている、あの地域は人柄が良い」など、昔からの何かがあるようです。

富山は特に地元の人間との関係が深い為、こういったことを気にする方が多いのでしょう。

 

 

しかし地域の人柄なんてものは実際に住んでみないことには分かりません。

ですから今日は少しでも近所付き合いのリスクを減らすために、どういった土地を選ぶのが良いのか。

また、金額の面でも安いにこしたことはありませんので、金額の面でも注意すべき所を書いていこうと思います。
 

スポンサーリンク

 

自分の探していた場所に近い分譲地を探す

私がおすすめするのはやはり分譲地です。

ではなぜ分譲地が良いのか?

それにはいくつか理由があります。

1.若い世代(30~40歳前後)であれば同世代が住んでいる確率が高い

2.周りに古い家がない

3.道路も新しく、融雪が付いている場合が多い

4.年寄りが少ない

以上大きく分けて4つの理由がありますが、これは結構大事です。

 

1.若い世代(30~40歳前後)であれば同世代が住んでいる確率が高い

同世代がいると自分と同じような立場の人が多いです。

子供も近い年齢の子が多くなりますし、近所と親しくなりやすいのが利点です。

例えば子供が騒いだりして近所に迷惑をかけたとしても、同じように子供を持つ親が近所に住んでいれば、お互いさまだったりするのでトラブルになる可能性も低くなります。

なるべく自分が置かれてる立場に近い人と近所になる確率を上げる為にも、分譲地がおすすめです。

 

2.周りに古い家がない

これはどういうことかというと、ご近所トラブルのリスク軽減です。

もし歯抜けの土地を買って、隣の家がボロボロだったらどうでしょうか?

偏見ではありませんが、家と人柄は比例する場合が多く、ボロボロの家に住んでいる人は、人柄も怪しい人が多いです。

これは私も経験があり、ボロボロの家に住むおじさんが道路でじーっと誰かの家を見ていたり、ずっと立っていたり。

小さな子供を持つ親なら確実に不安になります。

そして周りが古い家ばかりだと、住んでいる人の年齢層も上がってきます。

子供がいても成人していたりすれば、そんな人がいてもあまり気にしない人も多いでしょう。

しかし同世代が多ければ、近い年齢の子供を持つ親同士で話し合いもできます。

 

3.道路も新しく、融雪が付いている場合が多い

富山県民にとって融雪は欠かせません。

これがあるかないかで朝起きる時間が大きく変わってきますよね。

冬の仕事を増やさないためにも、ここはチェックしておきたい所です。

 

4.年寄りが少ない

これは文句を言うわけではないのですが、その地域にずっと住んでいる方は仲間意識が非常に強いため、新参の若者を嫌ったりする場合があります。

また、地域の行事なども最近の若者ってあんまり興味ないと思うんです。(私がそうなので・・・笑)

そういう地域の伝統などが強い場所だと正直めんどくさいというのが私の想いです。

しかしお年寄りが多いほうが、小学生の通学路で『子供見守る隊』として助けてくれます。

この4番に関しては私の個人的な気持ちが強いので、あまり気にしないでください(汗
 

スポンサーリンク

 

地盤の固い土地を探す

土地に家を建てる際には必ず地盤のチェックをします。

そして改良が必要になった場合には『地盤改良費』がかかります。

金額は100万円ほど;

かなり大きい金額です。

 

この地盤改良費だけは実際に検査してみないと分からない部分がネックですが、ある程度予測はできます。

・海沿いを避ける

・田んぼを埋め立てた場所を避ける

・分譲地であれば、同じメーカーで建てた家がどうだったのかを聞く

とりあえず以上のことは押さえておきたいです。

特に運よく近所に同じメーカーで家を建てていれば、担当者に確認することができるので確実です。

この100万円はかなり大きいですので、地盤改良は避けたいですね。

100万もあればかなり良い家具を揃えられますし。

 

まとめ

気に入った場所でもご近所トラブルが多くては絶対に嫌になります。

こればかりは住んでみないと分からない部分かもしれません。

近所に知り合いがいれば確実なんですけどね;

 

しかしリスクを避ける土地選びをすることはできます。

一生の問題でもありますので、少し金額は上がっても土地選びは建物よりも重要視するべきでしょう。

 

スポンサーリンク