石友ホームではキッチン、お風呂、洗面台を3つのメーカーの中から選びます。

3社とは

1.トクラス

2.TOTO

3.Panasonic

です。

お風呂は最後まで悩みましたが、洗面台は即決でした。

それはトクラスが他の2社にはない魅力があったからです。

今日は他の2社と比べて、どういった点が良かったのかを書いていきます。

スポンサーリンク

 

水が溜まらないように工夫された洗面棚

トクラス洗面所

上の写真を見ると分かりますが、鏡を開いた棚の下部分が網になっています。

通常の洗面台だと水を切らずにコップや歯ブラシを置くと、棚に水が溜まってしまいます。

しかし網になっていることで、水を切らなくても勝手に水が洗面器の中に落ちてくれるようになっています。

めんどくさがりな私にとって、使ってすぐ置いても問題ないのは魅力的でした。

上の棚も色々と物を置けそうで、使い勝手が良さそうに感じました。

また、蛇口が下にではなく横から出ているため、掃除がしやすくなっています。

 

便利に使える鏡

トクラス洗面所3

洗面台の両サイドの扉を開いた時に、内側にも鏡がついています。

これが地味に役に立つ物で、鏡の位置をある程度好きに調整できるため、普段みれない頭のチェックなども可能です。

私は結構頭の後ろに寝ぐせが出来るため、見えない部分が見えるようになるのはありがたいものです。

手鏡を使えば360度確認できそうです。

 

洗面台が深い

これも私にとっては重要で、結構バシャバシャと水を流してしまうクセがある為、周りに水が飛び跳ねてしまいます。

しかしこのくらい深くなっていると安心して使えます。

朝シャンプーをする方にもおすすめできると説明を受けました。

 

下の収納に関しては、3社とも同じような形でした。

引き出しのハンドル部分などは選べますので、突き出ている物が好きな方は変更もできます。

スポンサーリンク

 

まとめ

この洗面台だけは妻とも意見が一致し、すぐに決まりました。

石友ホームではお風呂はTOTOが一番人気でしたが、洗面台はトクラスが一番人気だそうです。

他の2社の写真を撮り忘れてしまった為、画像を載せることができなくてすみません(汗

TOTOとPanasonicの印象はスマートで当然綺麗なのですが、至って普通の洗面台という感じでした。

 

トイレに関してはTOTOとPanasonicから選ぶ形だったのですが、私のイメージとしてトイレはTOTOかLIXILという思いがあったので、すぐにTOTOで決定しました。

 

お風呂とキッチンの3社比較の記事はこちら↓

 


スポンサーリンク