家計

以前書きましたが、私がファイナンシャルプランナーに相談した際に、大幅に家計を見直す必要があると言われました。

しかし家計って言っても色々あって、どうしても削れない部分ってありますよね?

無理をしても辛くなるだけなので、実際に見直せる部分はどこなのか?

また、少しでも得をするための対策などを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

実際に削れる経費とは?

家計を見直せと言われてもどこを削ればいいの?って疑問を感じる方は多いと思います。

私も実際にどこをどれだけ削れるのか。

色々とアドバイスをもらいました。

 

そして以下の項目を削ることにしました。

・保険料

・生活費(食費、雑費)

・おこづかい

この3つはどこの家庭でも削るべき部分であり、外食や旅行などはなるべく我慢しなければなりません。

ちょっと大変なように思いますが、家計が赤字になる場合はこの3つを削らざるを得ません。

 

基本的に必要不可欠な経費である

・住宅ローン

・光熱費

・携帯料金

などはそのままの状態で行くことになりました。

全てを少しずつ削るより、本格的に削る部分を決めたほうが良いかと思います。

 

一番節約できるのは保険料

以前記事にも書きましたが、一番指摘を受けたのが保険料です。

 

これが数万単位で削ることができます。

詳しくは上の記事をご覧ください。

 

大体の方は保険会社のセールスマンに言われるがままに保険に加入していると思います。

でもじっくりと話を聞くと、無駄な部分が色々と見えてきますのでぜひ見直しをおすすめします。

 

車を乗り換える

車もかなり大きく家計に関わってきます。

私は車を妥協できず、ここは諦めてます^^;

妻の車が買い替え時だった為、普通車から軽自動車に変更しました。(グレードは結構な物ですが・・・)

なにせ大きいのが『自動車税』『車検』です。

これが本当に大きい!

富山では車が必須なので無くすことはできませんが、「車は乗れればいい!」という方は軽自動車に変えることをおすすめします。

 

あとは自動車保険の見直しです。

↓こちらに自動車保険の見直し記事も書いています。


スポンサーリンク

 

支払いはカードで

私は買い物をする時、現金で払う派でした。

なぜならカードで買うといくら使ったのか分からなくなるからです。

しかしこれ、最近では結構損をします。

どのカードも使えば使うだけポイントが貯まっていきます。

これが積み重なるとポイントだけで結構な額になるんですよね。

さすがに十万単位だとカードで支払いしていましたが、2,3万とかだと財布にあれば現金で出していたため、結構損をしていたかもしれません・・・

 

ですから何か1つ、自分が良く買い物をする所のカードを作っておくと良いです。

海外旅行が好きならANAカード、買い物好きなら楽天カードなど、なんでもいいですので作っておきましょう。

そして数千円単位でもカードで支払うと良いです。

 

しかし注意することは、先ほどの私みたいに『いくら使ったのか分からなくなる』ことです!

カードでいくら使ったのかは、使う度にメモしておきましょう!

 

今回良く使うであろうメジャーなカードをいくつか紹介します。

もし自分に合ったのがあれば、見てみてください。

 

※ここで重要な注意点があります!

それはカードの支払い方法です。

よく見ないでカードを作成してしまうと、たまに支払い方法が『リボルビング払い』になっていることがあります。

これは大きな罠で、3万円のものを一括で買おうとしたはずなのに、リボ払いにより月1万円しか支払われていないという状況になったりします。

残り2万には利息が付き、余計な支払いが増えることになりかねません!

カード作成の際には必ず支払い方法を確認しましょう!

 

イオンカード

イオンで食材や雑貨を買うのであれば絶対に持っていたいカードです。

ネットで申し込めばポイントが付いてくるみたいです。

今は直接申し込むよりネットで申し込んだほうがお得な店が多いですね。

 

ANAカード

旅行好きならANAカードですね。

知り合いが沖縄往復できるだけマイルが貯まったそうです。いいなぁ~^^;

 

楽天カード

幅広い商品を買うなら持っておいて損はないかもしれません。

私も良く使っています。

ジャンルを問わない所がいいですね。



他にもファミマで使えるTカードやローソンのPontaカードなど、コンビニやゲオ、TUTAYAで使えるカードもおすすめです。

 

まとめ

家計が苦しい場合はまず保険を見直してみてください。

見直す際はファイナンシャルプランナーなど、多数の保険会社と提携している人に相談したほうがいいです。

そして食費や雑費、おこづかいは出来る範囲で行いましょう。

あまりきつくしすぎると気持ちが滅入ってしまいますので^^;

 

まずは保険!そして車!

カードのポイントは貯まったら遊びに行ったり欲しいものを買ったりと少し楽しむ程度になるかもしれませんが、塵も積もれば~なので積極的に使っていきましょう。

節約しすぎて『借金返済のために生きてる』というようにだけならないように気を付けてください。

スポンサーリンク