%e4%b8%8a%e6%a3%9f%e5%bc%8f

私は今絶賛新築を建築中です。

そんな私も上棟式を終え、あとは完成を待つのみという状態です。

しかし上棟式の際に、周囲の人から色々と言われました。

ある人は「お金かかるよ~」と言い、ある人は「少しは金かかったかな」と言う人もいました。

え?実際どうなの?

結構気になりました。

そこで今回は上棟式の時にご祝儀が必要なのか?

私の経験談をふまえて、それについて書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

上棟式とは?

新築を建てる際に、建物が無事完成するように願って行う儀式です。

基本は柱などの骨組みが完了してから行います。

私の場合も、屋根まで完成した夕方から上棟式を行いました。

朝から一気に1日で屋根部分までの骨組みを仕上げるため、レッカーの人、大工の応援など、人数は10人以上になります。

上棟式が終わってからは、基本的に大工一人で作業を進めていくことになります。

 

用意しなければならない物は?

私がメーカーから渡された紙に書いてあった準備物は以下の物です。

・お盆(普通サイズ)

・塩(300g程度)

・米(1合)

・半紙(1枚)

・大工休憩時のお菓子、飲み物

・大工の昼食(お弁当、またはお店)

・大工への手土産

他にはお酒も必要でしたが、これはメーカーが用意してくれました。

しかしここで気になったのが大工関係の物です。

手土産、昼食などどうすればいいのか分かりません。

なので当然電話して聞きました。

するとお弁当はちょっと良いものを用意してくれるとのこと。

大体一人1000円くらいでしたので、合計14人ほどで14000円くらいでした。

あとはお菓子や飲み物ですが、お菓子は持って行かずに飲み物だけ持っていきました。

それが2リットルのペットボトルを4本くらいです。

あとは手土産ですが、ビール500mlを1人2本、合計28本を持っていきました。

これで大体10000円ほど。

合計すると25000円ちょっとくらいです。

 

肝心のご祝儀は!?

上棟式の手土産、昼食などですでに25000円。

ここからさらにご祝儀となると結構きついですよね^^;

そんなの払うくらいだったらその分を家の資金に充てたい。

なので・・・

 

私は渡しませんでした!!w

 

メーカーの営業からも無理する必要はないと言われたこともあり、今回はなしということにw

私の周りでは棟梁に3万渡した人、知り合いの大工に頼んだ人はご祝儀+夕食で焼肉をご馳走し、20万円ほど使ったという人もいました。

こういう時に知り合いの大工に頼むと逆に金がかかるということになってしまうんですね^^;

それに知り合いだとちょっと不具合があった時にも文句が言いづらい気もします。

知り合いの大工も良し悪しがありますね。

 

スポンサーリンク

 

そもそも上棟式って必要なの!?

メーカーの営業さんに聞いたところ、上棟式をしないという人も少なくないようです。

日程の都合が合わなかったり、そもそもそういう儀式が苦手な人は無理に行わないようです。

それもあってか、『上棟式をやらない=弁当もお土産もなし=ご祝儀もなし』という人がいるということで、私はご祝儀を渡さない決心がつきましたw

一応施主がいなくてもメーカーと大工では行うようです。

無理にやる必要はないんですね^^

 

手抜き工事とかされない!?

これ心配になりますよね~

ご祝儀を渡さなかったことで大工のモチベが下がり手抜き工事をされる・・・

私も考えましたが、これはメーカーにも聞きました。

メーカーは当然「そんなことはありえません」と答えてくれますし、ここで手抜きをしたら今後大工もメーカーの信用を失います。

なのでまず意図的な手抜き工事はありえないと思います。

そして石友ホームは富山県でも人気1位のメーカーですので、こういった不手際があった場合必ず対応してくれるはずw

しかし格安のハウスメーカーだったり、そもそもハウスメーカーではなく大工直で注文をしている場合は少し怖い気もしますよね^^;

もし心配であれば、1万円だけでも渡しておけばいいかと思います。

こういう心配もあるのでハウスメーカーであまりにも安い所は避けた方が無難な気がします。

 

まとめ

結果上棟式では『ご祝儀は渡さなくても良い』ということでした。

むしろやらない人もいますしねw

どうしても心配だったり、少しは渡さないと・・・と思われる方は1万円だけでも渡しておくと良いかと思います。

地鎮祭、上棟式と、見積もりの外にある出費になるので、これらなるべく抑えたいのが本音のはず。

こういう時はメーカーに全部聞きましょう。

「上棟式やらない人もいるよね?」と。

不本意なお金は払う必要はないので、心に疑問が残る方は私のように『渡さない』という選択肢もありですよ^^

 

 

スポンサーリンク