%e5%a4%a7%e5%b7%a5

前回の記事で私は大工にご祝儀を渡さなかったと書きました。

ですがそんな私でも流石に差し入れは持っていきました!

今回は私が大工に差し入れで持っていった物、そしてその頻度や時間帯について書いていきたいと思います。

 

前の記事はこちら↓

 

スポンサーリンク

 

差し入れは必要なのか?

まずそもそも差し入れって必要なの?と思われる方もいるでしょう。

これは必要かどうかというより、したほうがこちらとしてもプラスになる事だと思います。

家を建てているとき、途中経過って気になりますよね?

どんな感じで作業しているのか?どこまで出来てきたのか?

建築途中の写真なども撮っておきたいと思いますよね。

その時に見にいくだけで差し入れも持っていかないというのも何だか寂しいもの。

それに差し入れを渡すことをきっかけに、大工と話しやすくなることもあります。

まぁ私の家の担当大工は寡黙で全然話してくれませんでしたが・・w

それでも差し入れはしましたし、金額も1回数百円程度ですので大したことはないと思います。

家の出来栄えチェックという意味でも必要なことじゃないかな?と私は思います。

 

差し入れは何がいいのか?

持っていく物ですが、これは季節によっても変わってきます。

暑ければ冷たい飲み物が喜ばれますし、寒ければ暖かいコーヒーなどが喜ばれます。

私の場合は大工仕事のピークが真夏だったこともあり、基本冷たいジュースが差し入れでした。

まずは季節ごとの差し入れを書いていこうと思います。

 

夏の場合

まずは夏の差し入れからいくつか挙げていきます。

・冷たいお茶

・冷たいジュース

・アイス

・塩飴

・おにぎり

・漬物

 

夏は冷たい飲み物が1番ですが、他にも塩分補給ができる物も喜ばれます。

あまりお金をかけたくないのであれば家で麦茶を作って差し入れしたり、自家製の漬物やおにぎりなども良いでしょう。

何か自家製の得意な料理などがあれば、それも喜ばれると思います。

 

冬の場合

冬の場合も夏と温度が違うだけで、持っていくものに差はありません。

・温かいお茶

・温かいコーヒー

・味噌汁や豚汁などの汁物

・ホッカイロ

・中華まん、からあげなどコンビニにあるちょっとした温かい食べ物

・自家製の料理

 

冬は当然温かい物がいいですが、ここで注意なのはコーヒーです。

人によっては飲めない人もいますし、好みがブラックなのか?砂糖ミルク入りがいいのか?など好みが分かれます。

これに関しては、一度お茶などの無難なものを持っていき、そこで直接大工に聞いてみると良いでしょう^^

「そんな事いちいち聞きたくない」という方もいるかもしれませんが、気を使ってくれる施主に対して悪く思う大工さんはいないと思いますし、話すきっかけにもなるので良いです。

ここでもお金をかけたくなければ、お茶を作っていったり、簡単な料理を作って差し入れするのもおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

差し入れする時間帯は?

一応大工にも10時や15時などの休憩時間帯というのはありますが、仕事の進み具合によってズレが出てきます。

差し入れは休憩時間を狙うのが良いとされていますが、これはあまり気にしなくても良いかな?と私は思います。

しかし真夏であれば冷たい飲み物もすぐにぬるくなってしまうし、冬であれば温かい飲み物も冷めてしまいます。

ですから確実なのはお昼の時間帯でしょう。

自分の予定をずらしてまで時間を気にする必要はないと思いますので、休憩時間外に行く場合は「冷めてしまうので早めにどうぞ」など一言伝えていけば良いです。

私自身はそこまで時間を気にしたことはありません。

 

あとは夏であれば、大工さんがクーラーボックスを持ってきているかを確認するのも手です。

クーラーボックスがあれば時間を気にせず持っていけますからね^^

 

差し入れの頻度は?

これも結構気になるところ。

何回差し入れに行けばいいのか?

これは多ければ多いほど良いと思いますが、中々きついですよねw

私の場合は1か月に2回~3回でした。

ほぼ毎週週末には見に行っていましたが、土曜日は大工さんが仕事ですので差し入れを持って行っていました。

そして日曜日は基本的に大工さんも休みなので、仕事の邪魔もせずにじっくりと中が見れます。

ですから土曜日と日曜日を交互に繰り返していく感じで見に行っていました。

私の家の大工さんは結構日曜日も仕事されていたので、慌てて缶コーヒーを買って見に行った時もありますw

なので毎週差し入れをしなくても、2週間に1回くらいの頻度で行けば良いかと思います^^

 

まとめ

差し入れをする時に頑張る必要はありません。

お茶とかジュースじゃありきたりかな?とか思わなくて大丈夫^^

むしろそのありきたりな差し入れを大工さんは求めています。

ほとんどの大工さんは差し入れしてくれる気持ちに感謝してくれると思いますので、自分が行ける時に、自分が用意できる物を持って差し入れに行けば大丈夫です。

 

 

スポンサーリンク