困る

電子レンジを使っている時にうっかりドライヤーを使ってしまいズトン!とブレーカーが落ちる。

そんな経験誰しもあると思います。

私も昔住んでいたアパートでたまに落としていました(汗)

子供の頃なんかは家が停電になることもしばしば。

しかし家を新築にしてからはそんなこともありません!

アパートでブレーカーが落ちる状態と同じように使っても落ちません!

そこで今回はブレーカーの仕組みや計算方法、よく落ちる場合の対策方法を紹介します!

 

スポンサーリンク

 

ブレーカーの種類は3つ

ブレーカーには3つの種類があり、それぞれに役割があります。

この中のどのブレーカーが落ちるのかによって対策も変わってくる為、まずそれぞれの役割を書いていきますね。

分電盤2

 

アンペアブレーカー

電力会社の契約ブレーカーで、アンペア数がはっきりと書いてあるのが特徴です。

契約したアンペア数より大きな電流が流れた場合に落ちる仕組みになっていて、これが落ちると家全体が停電します。

契約アンペア数を知るには電気代の明細を確認してください。

※電力会社によってはアンペアブレーカーが付いていない場合もあります。

我が家はアンペアブレーカーが付いていません。

 

漏電ブレーカー

漏電があった場合はこのブレーカーが落ちます。

漏電ブレーカーはアンペアブレーカーの次に接続されているブレーカーの為、これが落ちても家全体が停電します。

このブレーカーがよく落ちるといった症状がある場合は漏電が起きている可能性が高く、無駄な電気代がかかっている可能性もありますので要注意です!

アンペアブレーカーが付いていない家で全停電した時は、こちらのブレーカーをONすることで復旧します。

 

漏電とは?

電線などの劣化や結露などの水分が機器に入り込むことによって起こる電気の漏れです。

本来であれば電気は電線を通るもの。

しかしこれが起こることによって普段触る電化製品の金属部にまで電気が通る可能性があり、感電や火災の原因になります。

無駄な電気代がかかるというのは、電気製品が本来の力を出すために流す電流が他に流れていってしまうため、漏れた分を補うべくさらに強い電気を流さなくてはならなくなるからです。

 

安全ブレーカー

漏電ブレーカーの次についているブレーカーで、家のコンセントにそれぞれ分けて配線されています。

電化製品の一部の電源だけが落ちるのが特徴。

許容電流は大体20A~30Aです。

 

ブレーカーの回路図は?

それぞれの役割や停電の規模については書きましたが、どうしてそうなるかが分からないかもしれません。

ですからブレーカーの流れを簡単に図にしてみたいと思います。

家回路図

最近の家では単相3線式というのが採用されており、それによって100Vと200V両方の電気が使えるようになっています。

アンペアブレーカーの上には電力量計、そこからは電柱へとつながっておりますので、

電柱 → 家の電力量計 → アンペアブレーカー → 漏電ブレーカー → 安全ブレーカーという順番に電気が流れてきます。

アンペアブレーカーや漏電ブレーカーが落ちた場合に家全体が停電するのはこういう流れになっているからです。

安全ブレーカーに関しては複数ついており、それぞれの部屋のコンセントに繋がっている為、1個が落ちてもそれに繋がっているコンセントのみ電気が落ちます。

 

スポンサーリンク

 

安全ブレーカーが落ちる仕組みは?

安全ブレーカー

上の回路図を見てください。

1つのブレーカーの下にコンセントが二つあります。

この二つのコンセントは同じブレーカーから電気がきている為、同時に使用した場合二つを足した電流がブレーカーに流れます。

例えば図のブレーカーの許容電流が20Aだった場合、上のコンセントでドライヤー(約12A)を使用し、下のコンセントでポット(約12.5A)を使用すると、合計が24.5Aとなり、安全ブレーカーの許容電流20Aを超えます。

許容電流を超えた時に安全ブレーカーは落ちますので、ドライヤーとポットの電源が落ちてしまう仕組みなのです。

この二つのコンセントが同じブレーカーから枝分かれで電気がきているために、こういった部分停電が起こるんですね。

 

安全ブレーカーを落とさない方法は?

下の画像を見てください。

安全ブレーカー3

20Aの安全ブレーカーが4個ついています。

そしてその下に名称が書いてあります。

例えば『2F洋室A AC』というブレーカーがありますが、これは2F洋室Aのコンセント全ての電源です。

もし洋室Aにコンセントが二つあった場合、先ほどの回路図のようになります。

ですから洋室Aについているコンセントでドライヤーとポットを同時使用した場合、このブレーカーが落ちます。

しかしドライヤーは洋室A、ポットは隣の洋室Bで使用したとしましょう。

すると洋室Aのブレーカーに12A、洋室Bのブレーカーに12.5Aがかかり、それぞれ20Aに満たないため普通に使うことができます。

ブレーカーが入っている分電盤に名称が入っている場合はこういった判断ができる為、どこのブレーカーがどこのコンセントに対応しているのかを把握しておくとブレーカー落ちを限りなく減らすことができますよ。

アパートなど安全ブレーカーに名称が入ってない場合でも大体系統ごとに分かれているため、消費電力が大きい家電は部屋を分けて使用してみると良いです。

 

専用回路を多く増やす!

新築で家を建てるのであれば専用回路を増やす手があります。

例えば下の画像をみてください。

安全ブレーカー2

『電子レンジ専用電源』、『洗濯機専用電源』など、専用で回路が組まれています。

これはどういうことかというと、1つの家電に対して1つのブレーカーが設けられているということです。

つまり他の家電とブレーカーを共有することがない為、これらの電源が安全ブレーカーで落ちることはまず無いということです。

キッチンは電子レンジ、ポット、炊飯器など大きな電力を使う家電が多い場所です。

もしこれが1つのブレーカーでまとめられていたら大変!

全て個別で使用、またはポットを他の部屋で使うなど、面倒なことになってしまいます。

ですからこういった専用電源は多く用意していたほうが使い勝手が良くなりますよ。

前に住んでいたアパートではこれらの電源がまとめられていた為、個別に使用しなければならない状況でした(汗)

そして、最初に新築ならと書きましたが、古い家でも電気屋にお願いすれば回路変更をしてくれます。

お金はかかりますが、「とても不便で改善したい!」という方は工事をおすすめします。

 

最短で工事をお願いしたいなら

下に24時間対応の電気工事屋のリンクを貼っておきます。

最短30分で現場に急行し、満足度93%で官公庁の工事も行っている会社ですので信頼できます。

テイクサービス

 

使用アンペアはどう計算する?

各家電を見てみると電力の表示があります。

ドライヤー

これはうちのドライヤーですが、AC100V、50-60Hz、1200Wと記載があります。

計算式はW(ワット)=V(ボルト)×I(アンペア)ですので、この場合は1200=100×Iとなり、12Aとなります。

しかし必ずしも12Aというわけではありません。

これは最大値であり、弱めで運転すればアンペア数は下がってきます。

 

基本的に1つの電化製品で15Aを超えることはありません。

なぜかというとコンセントの許容電流が15Aだからです。

たこ足配線が危ないと言われるのはこのためで、タップをつけてドライヤーやらなんやらを使用し、安全ブレーカーが落ちない18A程度を使用したりすると、コンセントの許容を超えて発熱、最悪発火などを起こす可能性があります。

ケーブルタップを使用する際にはそういった部分に注意しましょう。

 

 

漏電ブレーカーを落とさないためには?

漏電ブレーカーは1つしかないため、単純に家で使っているアンペア数が多ければ落ちてしまいます。

電気の総使用量を抑えるしかないと思われがちですが、実際は多少の対応策があります。

先ほどの図にブレーカーの許容電流を加えた物です。

アンペアブレーカーはありませんが、我が家の場合はこんな感じ。

漏電ブレーカーの許容電流が50Aとなっていますが、これは単純に50Aを超えたら落ちるわけではありません。

例えば灰色線と黒線に繋がっている安全ブレーカー(下3個のブレーカー)を見てみましょう。

ここには電圧100Vがかかっており、許容電流はそれぞれ20Aです。

この3個のブレーカーにそれぞれ17Aが流れたとすると、17×3=51Aとなり漏電ブレーカーが落ちます。

しかし下の3個にそれぞれ15Aが流れた場合、15×3=45Aとなりセーフです。

そして下に45Aがかかっている状態で、上の2個の赤線、灰色線に繋がっているブレーカー(100V)にもそれぞれ15Aがかかったとしましょう。

15A×2=30Aとなります。

これで上と下の合計が45+30=75Aとなります。

しかしこの状態ではブレーカーが落ちません。

なぜかというと相が違うから。

100Vオンリーで使用した場合、赤線-灰色線間で50Aまで、黒線-灰色線間で50Aまで使えるので合計100Aまで使用できることになるのです。

ですから電力量は、(50A+50A)×100V=10000Wとなります。

しかし先ほども書いたとおり、片側に50A以上の電流が流れた場合はもう片方が0Aでもブレーカーが落ちます。

赤線-黒線間の200Vでは50Aまで。

電力量は、50A×200V=10000Wとなります。

つまり漏電ブレーカーを落とさないようにするには、この2相をバランスよく使うことです。

 

2相はどう見分ける?

分電盤

上の写真を見てください。

一般的には上の段の安全ブレーカー、下の段の安全ブレーカーで相が分かれているようです。

おそらく設計の段階でバランスよく配置してくれているはずですので片側に付加がかかることはないと思います。

 

契約内容を確認しよう!

我が家の漏電ブレーカーは50Aで契約は10kVA。

さきほど10000Wまで使用できると書いたのはこのためです。

しかし契約自体が50Aでアンペアブレーカーが50Aとなっていた場合、2相の合計が50A(25A+25A)以上になった段階で落ちます。

200Vで使用した場合は25Aまで。

ですから合計5000Wまでとなります。

この場合漏電ブレーカーは落ちずに、アンペアブレーカーが先に落ちてしまうこともあります。

 

どうしても落ちてしまう場合は

コンセントの使用場所を意識しても全然ダメな場合は契約内容を見直すしかありません。

これに関しては電力会社に電話し、アンペア数を上げてもらうなどの対処をしましょう。

 

また、アンペアブレーカーが落ちてないのに漏電ブレーカーがすぐ落ちる場合は漏電している可能性があります。

こうなった場合も電力会社や業者に電話し、漏電箇所を探してもらうと良いです。

 

まとめ

今回は家庭のブレーカーについてお話しました。

ブレーカーの仕組みや、電気の計算方法はなかなか難しいもの。

しかし分かればブレーカー落ちを少しでも軽減できるはずです!

コンセントをうまく使って効率よく電気を使いましょう。

 

 

スポンサーリンク