我が家のキッチンはトクラスです。

なのでカップボードも必然的にトクラスになるのですが、キッチンをトクラスに決めた理由としてカップボードの良さがありました。

 

ウチは新築を建てる時にレンジやトースター、そしてポットなどは新調していません。

ですからそれらを置けるようなカップボードを考えていました。

また、アパート時代にゴミ箱が結構目立つ位置に置くしかなく、新築ではそれを絶対に改善したいと思っていたのです。

 

その際にトクラスのショールームで良い感じのカップボードを発見!

妻がトクラスのキッチンを気に入っていたので、丁度よくカップボードも決めてきました。

今回はそんな我が家のカップボードを紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

カップボードの収納はどんな感じ?

我が家のカップボードは標準タイプ。

こだわったのは横一列に家電が置けること、そしてゴミ箱が外から見えない収納タイプという部分だけです。

 

横一列にするために収納部分を少し削っているため、若干お値段も安くなりました。

それでも食器類の収納としては十分すぎるほど入ります。

私の感想では、大人二人、子供二人くらいの家であれば標準タイプで十分と感じました。

 

 

上段の収納

カップボード上段2

 

カップボード上段

 

上段の収納はこんな感じ。

一番上の収納は手が届きづらい位置にある為、普段使わない物を入れておくと良いでしょう。

 

ウチでは上段に大き目の食器を収納しています。

棚の仕切りは自由にとりはずしができますので、自分の好きな高さに変更できますよ。

幅がある食器でも収まりやすく、昔使っていた食器棚と比べて格段に使いやすくなりました。

 

 

お金をかければ最上部も使いやすい!

パナカップボード

 

こちらはショールームで撮った写真ですが、カップボード上段がこんな感じになっています。

手すりを下に引くと、

 

パナカップボード2

 

このように下に降りてきます。

これはパナソニックのショールームで撮ったものですが、トクラスにも同じような物がありました。

これなら背の低い方でも上段が使いやすくなりますね!

お金はかかりますが・・・(笑)

 

 

台の上

カップボード台の上

台の上はこのようにキッチン家電を一列に並べています。

 

オーブンレンジがあれば電子レンジとトースターと分ける必要もないので台の上を狭くでき、その分収納を増やすという方法もとれますが、うちはカップボードの横幅の分だけ台にしています。

 

正直これでも足りないくらい・・・

もっと余裕があればコーヒーメーカーも置きたいくらいです。

 

また、以前住んでいたアパートでは電子レンジとポットを同時に使うとブレーカーが落ちていましたが、現在は同時に使用できるようになりとても便利になりました。

 

ブレーカーが落ちない理由を書いている記事もありますのでよかったらご覧ください。

 

 

 

下段の収納

 

カップボード下段

 

こちらは箸やスプーン、そして小さ目の食器などを収納しています。

右下の引き出しのみ少し大きめになっていますので、ここには背の高い道具を収納できます。

 

カップボード下段3

 

ちなみに中の収納高さはこんな感じです。

一番上は12cmちょっとまで。13cmになると入りません。

あとは中段が18cmちょっと、下段は31cmちょっとの高さまで入ります。

 

スポンサーリンク

 

ゴミ箱は外から見えなくてスッキリ!

 

カップボードゴミ箱3

 

この部分がゴミ箱収納です。

普段はカップボードに収まっている状態。

 

カップボードゴミ箱

 

下にはキャスターが付いていて、自由に引っ張り出せます。

引き出し形式ではないのでどこまでも出せるのが魅力。

ゴミ袋の交換もしやすいです。

 

 

カップボードの価格

私のカップボードは¥265,000円。

『ベリーC2』というもので、標準タイプです。

 

これも性能が良ければ倍にもなりますし、抑えればこの半額くらいにもなります。

結局はオプションによって大きく変動するので、ショールームに行って予算を伝えてみると良いですね。

 

 

まとめ

今回はトクラスのカップボードについて紹介しました。

これがあると食器棚がいらなくなるし、使い勝手も良くなるのでおすすめです。

大体の方はキッチンとカップボードをセットで購入されるかと思いますので、こちらにキッチンに関しての記事リンクも貼っておきますね。

 

 

私としてはやはりゴミ箱収納が一番の注目点かと思いますので、「そこをスッキリさせたいよ!」という方はぜひショールームに足を運んでみてください。

 

 

 

 

新築の仕様が決まったら、住宅ローンの銀行選びがあります。

金利をできるだけ安くしたい方に向けて記事を書いていますので、よかったらこちらもご覧ください。

 

金利が安い銀行を見つけたい方はこちら

 

スポンサーリンク