スポンサーリンク

先日は生命保険(死亡保険)の見直しについての紹介をしました。

今回は医療保険について紹介していきたいと思います。

前回の記事はこちら↓

【富山で新築】住宅ローンを組む際は保険を見直そう!安く済ませるための裏技とは!?(医療保険編)

 

医療保険とは?

医療保険

医療保険とは医療機関を受診した際に発生するお金の一部、または全額を保険会社が補ってくれるというものです。

そしてなぜこれに入る必要があるのかというと、社会保険など公的保障では補えない部分を補うためです。

 

注目すべきは『入院日額保障金』と『入院保障限度日数』

一言で言ってしまうと『ファイナンシャルプランナー』の方が、必要最低限の部分は説明してくれますので心配する必要はありません。

ここでは特に大事な部分だけ説明していきます。

まず大事なのは二つ。『入院日額保障金』と『入院保障限度日数』です。

・『入院日額保障金』

これは病気やケガなどで入院した場合、一日に貰える金額のことを言います。

大抵は社会保険で補えるので、自己負担額は1日で3000円もかかりません。

なので医療保険では1日に3000円ほど貰える物に入れば全てを補うことができます。

しかし、これは最低限です。

大部屋が嫌で、どうしても個人部屋がいい!という方もいるでしょう。

そんな方は『差額ベッド代』なるお金を請求されます。

これは個人部屋となると1日で7000円くらいのお金を支払わなければならない為、3000円の保険では全然足りません。

2人部屋ならその半額で3500円くらいになったりもしますが、部屋を気にされる方は保障金がいくら必要なのかを考えておくと良いです。

・『入院保障限度日数』

これは上記の入院日額保障金が入院してから貰い続けられる日数です。

私が入っていた保険は120日でした。

しかしこれもよく調べると、全国の平均入院期間はなんと18日ほど

ガンですら手術が終われば2週間ほどで退院になります。

つまり120日もいらないってことです。

これは30日~60日の保障で十分ということになります。

それらを考えていくと医療保険の月々の支払は生涯2000円ほどになります。もっと減るかもしれません。

 

スポンサーリンク

脳血管疾患などにはご注意

上記で平均入院日数が18日ほどと書きましたが、脳の疾患は別です。

逆に120日でも足りない場合があります。

心配な場合は『3大疾病一時金特約』などを付けておくと良いでしょう。

これは脳卒中などになっても100万円単位の一時金が貰える為、安心できます。

保険料が+2000円くらいになってしまいますが、それでも月の支払いは4000円程度です。

 

先進医療について

簡単にいうとガンなどに対する治療を、普通ではなく高性能な治療にできることです。

体への負担も少なく効果的な治療ができますが、受けれる場所が特定されます。

まず富山県でこの治療を受けれる場所がありません。(北陸だと福井県のみ)

また、公的医療保険対象外の為、全て自己負担になります。(200万~300万)

しかし先進医療特約は月々100円ちょっとで付けられ、給付金として2000万円ほど受け取れる為、つけておいて損はないかと思います。

ここで注意すべき所は、富山県でガンの診断を受けて治療をすることになったとしても、富山の医者は「先進医療を受けるか?」などと聞いてこないと思います。

この特約をつけている場合はすみやかにファイナンシャルプランナーに相談し、先進医療が受けられるよう手配してもらいましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は私が実際にファイナンシャルプランナーの話を聞いて、非常に参考になった所を紹介しました。

ここでは手術の給付金などについては触れてませんが、そういった部分もしっかり付いているので大丈夫です。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク